×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



ストップロスとマージンコール

ストップロスとマージンコール

外国為替取引では変動値幅に制限がないうえ、24時間取引が継続しているので、リスク管理が非常に重要となります。

そこで、FXでは、多額の損失の発生を未然に防ぐための独自のリスク管理システムが採用されています。

そして、多くのFX会社で導入されているのが、ストップロスとマージンコールです。

このストップロスとマージンコールが、預託証拠金を大きく超えた損失の発生を未然に防止するような取引システムになっているのです。

ストップロスとは?

ストップロスというのは、一定時間ごとにインターバンクのレートを基準に未決済ポジションの値洗いを行って、評価損の合計額が預託証拠金の一定割合を上回った場合には、その直後にすべて未決済ポジションを自動決済するという仕組みのことです。

マージンコールとは?

マージンコールというのは、評価損の合計額が預託証拠金の50%を上回った場合に、注意を喚起するメールが送信されることをいいます。


良いFX業者とは?
FXのリスクとは?
システムリスクとスキームリスク
FX会社の信頼性とは?
FX業者に対するニーズとは?

ストップロスとマージンコール
価格変動リスク
信用リスクとは?
フェアな為替レートとは?
FXの契約書とは?

レバレッジ効果のリスク
IFD注文・OCO注文

証拠金の入金方法
余裕資金で投資する

特定目的信託
土地取引の事前届出
難燃材料の認定

都市計画
徒歩所要時間の表示
任意後見契約制度
都市再開発法
取引一任代理等に係る特例
移行地
都市再生基本方針
取引態様の明示

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved