×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



IFD(イフダン)とは?

IFD(イフダン)とは?

IFDというのは、2つの注文を同時に出す方法で、この値段になったら買って、この値段になったら決済するという注文が出せます。

具体的には、現在1ドル110円のときに、「1ドル100円になったら買って、115円になったら決済する」または、「1ドル115円になったら売って、100円になったら決済する」というような注文が出せます。

要するに、この値段になったら買って(売って)、この値段になったら決済するとう注文方法がIFDということです。

このIFDのよいところとして、一度注文を出してしまえばあとは自動的に決済してくれますので、チャートの前に張り付かなくてすむということがあります。

関連トピック
OCO(オーシーオー)とは?

OCOというのは、異なる2つの注文を同時に出す注文方法のことをいいます。

具体的には、現在1ドル110円のときに1万ドルの買いポジションを持っていたとすると、OCOでは、「1ドル115円になったら決済、100円になったら損切り」という注文を出すことができるのです。

よって、OCOで注文を出した場合には、あとはその値段になったら約定してくれますので、自動的に利益確定や損切りができることになります。


IFD(イフダン)とは?
IFO(イフダン・オーシーオー)
具体的にトレール注文とは?
約定・損切り・ストップロス
チャート分析とは?

OCO(オーシーオー)とは?
トレール注文とは?
トレール注文の設定は?
ロスカットとは?
チャートを見るポイントは?


外貨預金と外貨建てMMF
スワップ派

GTCとデイオーダー
2WAYプライス
転勤 年末残高等証明書 税金 財形住宅融資
印紙税 特約火災保険 適合証明書 フラット35
JAの住宅ローン 住民票 親の土地に住宅  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved