×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



具体的にトレール注文とは?

具体的にトレール注文とは?

例えば、米ドルが1ドル100円のときに1万ドルの買いポジションを持ったとします。

その後、為替レートが1ドル102円まで上昇しました。ここで決済注文を入れると2円の為替差益を得ることができます。

しかしながら、今後為替レートがさらに上昇しそうな予感がします。

ただし、為替相場に絶対はありませんので、もし為替レートが下落してしまったら、現時点での2円の為替差益はなくなってしまいます。

そこで、このような場合に、現時点で1ドル101円に逆指値(ストップ)注文を入れておくのです。

こうすると、為替レートが下落した場合には、1ドル101円で決済されますので、1円分の為替差益は確実に得ることができるのです。

反対に、予測どおり、為替レートが上昇していった場合には、それに応じてストップ注文を上げていけば、為替差益は当初の2円よりも多く得ることも可能になります。

つまり、どういうことかといいますと、為替レートが103円になったら、ストップを102円に上げ、104円になったらストップを103円に上げていくといったようにするのです。

これが「トレール注文」というものです。


IFD(イフダン)とは?
IFO(イフダン・オーシーオー)
具体的にトレール注文とは?
約定・損切り・ストップロス
チャート分析とは?

OCO(オーシーオー)とは?
トレール注文とは?
トレール注文の設定は?
ロスカットとは?
チャートを見るポイントは?


FXのコスト
円高になる理由

FX会社選び
IR
借入金 連帯債務 不動産取得税 財形住宅融資
登録免許税 提携ローン フラット35 フラット35
提携ローン 修繕積立金 共有名義  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved