×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



ロスカットとは?

ロスカットとは?

ロスカットというのは、有効証拠金の額が使用証拠金の額を下回ったときに、損失の拡大を防ぐために、各FX会社所定の方法によって、強制的にポジションの全部を反対売買して決済することをいいます。

これは、含み損が大きくなった際に、顧客の資金が0にならないように、FX取引会社であらかじめ決められているロスカットポイントで強制決済されるようになっているのです。

しかしながら、このロスカットは、その時点での為替レートの動きにもよりますので、実際に強制決済されるポイントは、あらかじめ決められているポイントよりも下になることもあります。

強制決済にならないためには?

ロスカットによる強制決済にならないためには、「あとどれくらい為替レートが動いたらロスカットになるのか」といことを常に頭の中に入れておく必要があります。

実際このことが頭の中に入っていると、トレードを落ち着いて行うことができます。

反対に、これが頭の中に入っていないと、突然強制ロスカットになってしまい、その後それを取り戻そうとして焦り、結果として大きな損失を被ってしまうことにもなりかねませんので注意してください。


IFD(イフダン)とは?
IFO(イフダン・オーシーオー)
具体的にトレール注文とは?
約定・損切り・ストップロス
チャート分析とは?

OCO(オーシーオー)とは?
トレール注文とは?
トレール注文の設定は?
ロスカットとは?
チャートを見るポイントは?


レバレッジの管理
インターバンク市場

FX会社の手数料
為替相場は思惑で動く
住宅ローン控除 年末残高等証明書 相続時精算課税 財形住宅融資
不動産取得税 JAの住宅融資 中古住宅購入 フラット35
住宅ローン マンション  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved