×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



スポット取引(ロールオーバー方式)

スポット取引(ロールオーバー方式)とは?

スポット取引というのは、2営業日後に決済をするものですが、これをそのまま適用すると、通常、通貨の受け渡しなどを行わない個人投資家は、それまでに必ず反対売買(差金決済)をして、ポジションを閉じる必要があります。

しかしながら、これではかなり使い勝手の悪い取引と言わざるを得ません。

そこで、FXでは、その日の終わり(翌日のはじめ)に未決済のポジションを繰り延べるオペレーションを行います。

わかりやすく言うと、「翌営業日もの対翌々営業日もの」のスワップ取引を行って、決済日を1日づつ繰り延べていくのです。

スポット取引の「ロールオーバー」というのは、このことをいうのです。

つまり、本来は2営業日後に決済をしなければならないスポット取引でありながら、実質的には決済日が無期限に延長され、投資家は決済日を気にすることなく為替の取引を行えるのが、ロールオーバー方式なのです。

ロールオーバーの作業は誰が行うのですか?

ロールオーバーの作業は、投資家が特別なことをする必要ななく、FX取引業者が自動的に行います。

なので、当然、手数料も不要です。

なお、スポット取引のロールオーバーを行う際には、通貨ペア間の金利差(スワップポイント)の受け払いが生じます。


電信売相場・電信買相場
外国為替のレートは?
FX会社のシステムリスクとは?
FXの決済方法は?
ロールオーバー・キャリートレード

FXの取引形態は?
FXの注文方法は?
FXの注文ミスは?
差金決済とは?
スポット取引(ロールオーバー方式)

FXのスワップポイントの収益
通貨ペアの豊富なFX会社

政策金利
取引単位・スワップポイント

消費税の免税の特例
吸い込み
ゼネラル・パートナーシップ

信義誠実の原則
制震構造
素地
信用保証会社
設計図書
IPO
信用補完
センターコア

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved