×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



円安と円高とは?

円安と円高とは?

例えば、1ドル100円から110円になった場合には、1ドル買うのに日本円で100円でよかったものが110円必要になります。

つまり、1ドルを買うためには、今までよりも10円分余計に支払わなければならないということです。

この今までよりも余計にお金を支払わなければならないということは、言い換えれば、日本円の価値が下がった状態(=円が安くなった状態)であるということになりますので、これを円安というのです。

1ドル100円から110円になると、数字が大きくなるので円高と間違えそうですが、円の価値が下がっているということで円安というのです。

円安とか円高というのは“円の価値が高いや安いか”ということで考えると分かりやすいと思います。

反対に、1ドル100円から90円になった場合には、1ドル買うのに以前は100円必要だったのが、90円ですむようになったわけですから、円の価値が高くなった状態=円高ということになります。


外国為替証拠金取引(FX)とは?
外貨預金とFX取引との違いは?
FXの仕組みは?
スワップ金利とは?
為替手数料は安い?

為替レートと為替差損益
円安と円高とは?
外国為替証拠金取引の証拠金とは?
レバレッジの適正な倍率は?
FX取引会社の選び方は?


スワップ金利
FXの通貨の種類

FXで利子
外国為替
増改築 再適用 住宅ローン控除 財形住宅融資
控除期間 保険の時価 新築住宅建設 フラット35
資金計画 親子ペアローン 土地を先行取得  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved