×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドというのは、ジョン・ボリンジャーによって考案された技法です。

このボリンジャーバンドは、移動平均を表す線を中心として、その上下に線(バンド)を引いたもので、移動平均線と標準偏差(±1.0σ・±2.0σ)で構成されています。

標準偏差とは?

標準偏差というのは、平均値からどの程度の隔たりがあるかということなのですが、それを計算して、普段見ているチャート上に表したのがボリンジャー・バンドになります。

具体的には、値動きが大きくなれば、値段のばらつきが大きくなりますので、移動平均からの距離や標準偏差は大きくなりますが、逆に値幅が小さければ、標準偏差は小さくなるということになります。

ボリンジャー・バンドを投資判断として使うには?

為替レートは、ボリンジャー・バンドの±2σに95%の確立で収まるといわれています。

そこで、ボリンジャー・バンドを投資判断として使う場合の戦略としては、この±2σラインを上にはみ出した場合には売り、逆に下にはみ出した場合には買いというのが考えられます。


ボリンジャーバンドとは?
トレンドとは?
マージンコールとは?
ロスカットとは?
レバレッジ5倍の取引とは?

RSIとは?
トレンドラインと為替レート
マージンコールに掛かったら?
レバレッジとは?
自己ルールを守るとは?


逆指値注文
米ドル・ユーロ・英ポンドの特徴

ローソク足
金融商品取引法
連帯債務 住宅ローン控除 登録免許税 毎月返済額
諸費用ローン 団体信用生命保険 一部繰り上げ返済 買い換えローン
固定資産税 市街化調整区域 アセット・マネジメント  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved