×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



ロスカットとは?

ロスカットとは?

ロスカットというのは、ロス(損失)をカット(切る)という言葉どおり、ある一定の基準に達したら、その時点で有無を言わさず強制決済することをいいます。

かなりの損失が出ていても、「このまま待っていれば戻ってくるのでは…」とか「もう少しで下がり始めるのではないか…」などと考えてポジションを放置しがちです。

しかしながら、ロスカットになってしまうと、強制決済=損失確定となってしまいますので注意したいところです。

マージンコールとロスカットの違いは?

マージンコールには一定の猶予がありますが、ロスカットの場合には、その時点で取引終了となりますので、投資家が真に恐れなければならないのは、このロスカットということになります。

つまり、FX取引におけるリスク管理の最大のポイントは、このロスカットに掛からないようにすることにあります。

FX取引では、ロスカット(強制決済)さえされなければ、現在のポジションを持ち続けることができるからです。

マージンコール
⇒ 一定の猶予期間をおいて強制決済

ロスカット
⇒ 直ちに強制決済

なお、FX会社によっては、マージンコール=ロスカットのところもあるようです。


ボリンジャーバンドとは?
トレンドとは?
マージンコールとは?
ロスカットとは?
レバレッジ5倍の取引とは?

RSIとは?
トレンドラインと為替レート
マージンコールに掛かったら?
レバレッジとは?
自己ルールを守るとは?


マージンコールとロスカット
FXのリスク

FXでトレンドに乗る
キャリートレード
住宅ローン控除 贈与 相続時精算課税 変動金利型
買い換え特例 団体信用生命保険 フラット35 住宅ローン控除
譲渡所得 物件の引渡し 雨仕舞  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved