×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



レバレッジとは?

レバレッジとは?

レバレッジというのは、少ない証拠金で大きなお金を動かすことができる、いわば小さな力で大きなものを動かすテコの原理と同じなので、こう呼ばれています。

例えば、手持ち資金が10万円の場合、米ドルが1ドル=100円のときには1,000ドル(10万円相当)しか買うことができません。

しかしながら、このレバレッジを使うと、資金10万円で1万ドル(100万円相当)もの米ドルを買うことができるのです。

レバレッジの倍率は?

ただし、いくらレバレッジが使えるからといっても、レバレッジの掛け過ぎには注意が必要です。

例えば、証拠金が10万円で米ドルが1ドル100円のときに、レバレッジを10倍にすると、米ドルを1万ドル買うことができます。

その場合、米ドルが1ドル=110円まで上昇すると10万円の利益になりますが、反対にドルが下落して90円になった場合には10万円の損失になります。

つまり、レバレッジを利かせれば利かせるほど、レバレッジの倍率に応じてリターンも大きくなりますが、その分リスクも大きくなるということです。

よって、FX初心者の人は、最初はレバレッジ5倍以下で始めるのが無難です。


ボリンジャーバンドとは?
トレンドとは?
マージンコールとは?
ロスカットとは?
レバレッジ5倍の取引とは?

RSIとは?
トレンドラインと為替レート
マージンコールに掛かったら?
レバレッジとは?
自己ルールを守るとは?


FXの取引コスト
流動性リスク・信用リスク

移動平均線
レバレッジ
住宅ローン控除 譲渡損失 相続時精算課税 固定金利期間選択型
買い換え 団信 借り換え 不動産取得税
売却 競売物件 雨漏り  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved