×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



マージンコールに掛かったら?

マージンコールに掛かったら?

マージンコールに掛かった場合は、保証金を追加で入金するか、現在保有しているポジションを反対に売買(買いポジションの場合は売り、売りポジションの場合は買い)して、ポジションの縮小をする必要があります。

追証金を入れなかった場合は?

この追証金を入れられない場合には、即刻強制決済されるか、あるいは一定期間をおいて強制的に決済させられます。

この場合、今後、為替相場が反発して急上昇すると予想され、今後の為替差益が見込まれる場合であっても、その時点でマージンコールに掛かってしまうと、強制的に決済、すなわち損失が確定してしまいますので、結果的に大きな損失を被ることになります。

証拠金がなくなるということは、為替取引で大きな損失が出ていることですから、取引をしている投資家は、何とか挽回しようと焦ってしまい、冷静さを失ってしまいます。

冷静さを失っていると、正常な為替相場の判断ができなくなり、さらに多くの損失を出してしまうというケースに陥りがちです。

そうならないためにも、この追証金のリスクを回避して、常に平常心で為替相場に向き合うことが、FXで利益を上げていく秘訣になります。


ボリンジャーバンドとは?
トレンドとは?
マージンコールとは?
ロスカットとは?
レバレッジ5倍の取引とは?

RSIとは?
トレンドラインと為替レート
マージンコールに掛かったら?
レバレッジとは?
自己ルールを守るとは?


チャートとロイター
FXで必要経費

レジスタンスライン・サポートライン
スワップポイントを支払う場合
割賦 住宅ローン控除 相続時精算課税 財形住宅融資
所得補償保険 保証料 延滞損害金 住宅ローン控除
譲渡損失 修繕積立金 アパートローン  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved