×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



マージンコールとは?

マージンコールとは?

FX取引では、口座に証拠金を預け入れて、その証拠金を元に、数倍〜数十倍もの取引ができるわけですが、このマージンコールは、その元になる証拠金が足りなくなったときに発生するものです。

ちなみに、マージンコールは、FX取引会社によっては、追証金(おいしょうきん)と呼ばれていることもありますので、詳細については各FX取引会社に問い合わせてみてください。

つまり、このマージンコールというのは、追加証拠金の略称で、基準の証拠金が不足した場合に、現在のポジションを保つために必要になるお金のことです。

どの程度でマージンコールになるのですか?

通常、証拠金から損失の割合を除いた部分の割合を「維持率」と言いますが、多くのFX取引会社では、この維持率が30〜70%を切ると追証金を求められます。

FX取引会社によっては、「何%の損失が出たらマージンコール」という表記だけでなく、「維持保証金が〜になったら」とか「取引保証金が〜になったら」という表記もあります。

どの表記でも基本的に内容は同じですが、わかりづらい表記をしているFX取引会社もありますので、そのような場合は直接問い合わせてみてください。


ボリンジャーバンドとは?
トレンドとは?
マージンコールとは?
ロスカットとは?
レバレッジ5倍の取引とは?

RSIとは?
トレンドラインと為替レート
マージンコールに掛かったら?
レバレッジとは?
自己ルールを守るとは?


新規注文と決済注文
FXは総合課税

トレンド・トレンドライン
スワップポイント
住宅ローン 住宅ローン控除 相続時精算課税制度 必要書類
所得補償保険 保証会社 フラット35 登録免許税
買い換え 重要事項説明書 アトリウム  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved