×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



スワップ・ポイントの仕組みは?

フォワード取引(キャリートレード方式)

スポット取引は、2営業日語の決済ですが、このフォワード取引は、将来のある期日を決済日とする取引になります。

例えば、1ドル=100円で取引するとします。

スポット取引ですと、2営業日後に、甲が乙に1ドルを渡して、乙は甲に100円を渡すことで取引は完結します。

しかしながら、これがもし1年後だったらどうでしょうか?

いま、ドルの金利が年5%、円の金利が年1%であったとすると、1年後には、1ドルは1.05ドル(1ドル×1.05)、100円は101円(100円×1.01)になります。

つまり、1年後の1.05ドルは101円と同じ価値になるわけなので、現在の1ドルの価値は96.19円(101円÷1.05ドル)になるわけです。

反対に考えると、この現在の96.19円が1年後には金利の差分3.81円がプラスされて100円になるともいえます。

要は、現在の96.19円というのは、1年後の価格である100円を現在の価格に割引いた価格なのです。

外国為替の世界では、この100円を「スポットレート」、96.19円を「フォワード・レート」と呼んでいます。

スワップ・ポイントの仕組みは?

とはいっても、スポットでは1ドル=100円で取引されているのに、96.19円で取引するというのは、感覚的にしっくりきません。

なので、為替の世界では、フォワード取引をする際にも、スポット・レートをベースにして、そこにフォワード・レートとスポット・レートの金利差分(スワップ・ポイント)をプラス・マイナスして取引する習慣が定着しているのです。


スワップ・ポイントの仕組みは?
スワップポイントを受け取るとは?
取引できる通貨ペアは?
証拠金はいくら必要?
FXの取引時間は?

スワップポイントとは?
土日・祝日のスワップポイントの計算は?
通貨ペアによるスプレッドは?
FXが外貨預金より優れているわけは?
FXの手数料体系は?

外貨定期預金の利息とFXのスワップポイント
最高レバレッジ

日本の政策金利
ハイリスク・ハイリターン

宅地建物取引主任者
中間省略登記
DCF法

他人の権利の売買
通行地役権
データベース
地価税
中間法人制度
IPDインデックス
築年数
継手

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved