×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



スワップポイントとは?

スワップポイントとは?

スワップポイントというのは、金利差分の調整のことです。

一定期間後に通貨を交換する場合には、取引する通貨ペア間の金利差を受け払いする必要があるというのは、フォワード取引のところで述べましたが、これのことです。

例えば、FXでドルを買っている状態というのは、将来のある時点で円を支払ってドルを受け取る約束をしているということです。

これは、円を借りてドルを貸しているのと同じことを意味しています。

まず、銀行から円を借りてきて、その銀行から調達した円をドルに交換して、そのドルを外貨預金に預けておくとイメージするとわかりやすいかもしれません。

こうした取引をしますと、当然ですが、円の借入れ金利とドルの預金金利が発生します。

そして、その期間が長くなればなるほど、その期間に応じた金利の支払いと受け取りの差額も広がっていきます。

このような現象が、インターバンク市場でも起こっているので、インターバンク市場と同様の条件で為替取引を行っているFXにおいても同様に、スワップポイントの受け取り、あるいは支払いが発生するというわけです。


スワップ・ポイントの仕組みは?
スワップポイントを受け取るとは?
取引できる通貨ペアは?
証拠金はいくら必要?
FXの取引時間は?

スワップポイントとは?
土日・祝日のスワップポイントの計算は?
通貨ペアによるスプレッドは?
FXが外貨預金より優れているわけは?
FXの手数料体系は?

日割り
FX会社のスワップポイント

中央銀行が行うオペレーション
取引環境とカバー先金融機関

宅地建物取引主任者
中高層共同住宅標準管理規約
抵当権

団体信用生命保険
通行地役権の取得
滌除(てきじょ)
地区計画
中間法人の種類
アウトサイダー
築年数の調査
仕口

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved