×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



スプレッドとは?

スプレッドとは?

FX取引会社の手数料といえば、主に外貨を売買する際の発注手数料がありますが、これ以外にも実は隠れた手数料というものが存在します。

それが「スプレッド」と呼ばれるものです。

新聞や雑誌などで、以下のような表示を見たこともあるかと思います。

⇒ 1ドル=110.50 − 55
         (BID)(ASK)

この表記は、FX取引会社では、2wayプライスと呼ばれていて、通貨の買値と売値を同時に表示しているものです。

上記の表示ですと、現在1ドルの売値が110円50銭、買値が110円55銭ということになります。

この売値のことをBID、買値のことをASKといいます。

もう少しわかりやすく言いますと、この表示では、FX取引会社が「今は1ドル110円50銭で売ります。」または、「今は1ドル110円55銭で買います。」と表示しているということです。

このBIDとASKの差額、この例ですと5銭がFX取引会社の手数料、すなわちスプレッドということになります。

この2wayプライスですと、顧客は自分の取引する価格が一目瞭然でわかりますので、取引上FX取引会社はごまかすことができないのです。

しかしながら、これが電話取引業者ですと、ほとんどの場合この2wayプライスを表示していませんので、一体いくらの価格でFX取引ができるのかがわからないだけでなく、FX取引会社が実際とは違う不利な価格を提示してきたとしても、顧客にはわからないのです。

こういうこともありますので、やはり電話取引業者は避けた方が無難ということになります。


顧客資産の分別管理とは?
サーバーの安定性とは?
複数の口座開設とは?
ポジションを持つとは?
指値注文とは?

オンライン取引と電話取引
スプレッドとは?
デモトレードとは?
リアルプライス・成行注文とは?
逆指値注文とは?


外国為替市場の規模
自己資金

レバレッジ効果
FXの取引期限
住宅ローン控除 3,000万円 定期借地権付住宅 公庫財形融資
不動産取得税 住宅火災保険 民間住宅ローン フラット35
住宅ローン 保証料 印紙税  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved