×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



GDPと原油高

GDP(国内総生産)とは?

GDPというのは、ある一定期間中に、その国内で生産されている、あらゆる財やサービスの合計金額のことをいいます。

ちなみに、米国のGDPは、1月、4月、7月、10月の下旬の日本時間の夜中に発表されます。

この米国のGDPが良ければ経済が好調と見られますので、米国の株価や金利、ドルが上昇することになります。

また、他の国でも同様に、GDPが良ければその国の金利や通貨が上昇します。

原油高とは?

原油の価格が上昇すると、原油の産油国や原油高の影響を受けにくい国の通貨が上昇します。

例えば、資源国であるオーストラリアやカナダなどの通貨が上昇します。

一方、原油高の影響をもろに受ける日本の通貨は下落します。

これは、日本では国内で消費する原油のほとんどを輸入に頼っているからです。


ファンダメンタルズ分析とは?
GDPと原油高
トレンド系とオシレーター系とは?
スローストキャスティクスとは?
移動平均線とは?

政策金利と雇用統計
テクニカル分析とは?
ストキャスティクスとは?
MACDとは?
移動平均線の短期と長期


国力と市場参加者
証拠金取引

リカバリー
財政収支
借換え 住宅ローン控除 固定資産税 財形住宅貯蓄
都市計画税 地震保険 親子リレー返済 フラット35
住宅ローン 不動産広告 買換え  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved