×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



移動平均線とは?

移動平均線とは?

移動平均線というのは、最も基本的なテクニカル分析の指標で、多くの投資家に使用されています。

移動平均線は、過去の一定期間のレートの平均値をグラフ化したものです。

例えば、21日移動平均線であれば、最終取引日を含めて過去21日間の終値の平均を計算し、それを最終取引日の移動平均線とします。

移動平均線の期間の設定は?

移動平均線の使用する期間については、人によっても異なるのですが、よく使われているのは、日足チャートであれば、21日、90日、200日などになります。

FX業界で特に重視されているのは21日線で、これを短期移動平均線と呼んだりしています。

21日線が重視されている理由は、日足チャートと組み合わせて売買のタイミングを計ることができるからです。

例えば、上昇トレンドにおいて、為替レートが21日移動平均線よりも下に抜けた場合には、短期的な売りシグナルとなります。

反対に、下降トレンドにおいて、為替レートが21日移動平均線よりも上に抜けた場合には、短期的な買いシグナルとなります。


ファンダメンタルズ分析とは?
GDPと原油高
トレンド系とオシレーター系とは?
スローストキャスティクスとは?
移動平均線とは?

政策金利と雇用統計
テクニカル分析とは?
ストキャスティクスとは?
MACDとは?
移動平均線の短期と長期


為替手数料
通貨ペアと外貨同士のペア

順張り
自己資本規制比率
住宅ローン控除 共有住宅 税金 財形住宅融資
借り換えローン 団体信用生命保険 フラット35 フラット35S
住宅ローン 不動産契約 資産担保証券  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved