×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



スローストキャスティクスとは?

スローストキャスティクスとは?

スローストキャスティクスというのは、ストキャスティクスのKラインにDラインの役割を持たせつつ、本来のDラインの役割をslow%D(SDライン)に持たせたものです。

これによって、スローストキャスティクスのチャートは、ストキャスティクスよりも滑らかで見やすくなっています。

実際に、ストキャスティクスとスローストキャスティクスを見比べてみるとよくわかるのですが、ストキャスティクスでは、ゴツゴツしていてFX初心者の人ですと、どこが売買ポイントなのかよくわからないかもしれません。

しかしながら、スローストキャスティクスでは、それが滑らかですのでよくわかると思います。

スローストキャスティクスの売買ポイントは?

一般的なスローストキャスティクスの売買ポイントは、次のようなものになります。

■%SDラインが85%以上で、%Dが%SDを上から下抜いた場合 ⇒ 売りシグナル
■%SDラインが15%以下で、%Dが%SDを下から上抜いた場合 ⇒ 買いシグナル

スローストキャスティクスについては、これだけ覚えておくだけでも十分実践で役に立ちます


ファンダメンタルズ分析とは?
GDPと原油高
トレンド系とオシレーター系とは?
スローストキャスティクスとは?
移動平均線とは?

政策金利と雇用統計
テクニカル分析とは?
ストキャスティクスとは?
MACDとは?
移動平均線の短期と長期


リアルタイム取引
スワップポイント

為替市場とファンダメンタル分析
日本株が堅調のときに円安
繰上返済 住宅ローン控除 賃貸 財形住宅融資
建て替えローン 地震保険 生命保険 技術基準
保証料 定期借地権付住宅 あざぎりず  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved