×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは?

テクニカル分析というのは、各チャートの動きから、将来の価格がどのように動くかを予測するための相場分析手法です。

例えば、過去のチャートはこう動いたから、今後はこのように動いていくだろう、その結果として現在の為替相場は上昇(下落)するだろうというような感じです。

ただし、実際にはこのように簡単ではありません。あくまでもわかりやすく説明するための例です。

もう少しわかりやすく言いますと、テクニカル分析というのは、チャートの動きを読んで、売買のタイミングをはかるということです。

テクニカル分析は短期売買向けですか?

テクニカル分析と聞くと、短期的な売買を行うための手法と考えられがちなのですが、長期的な売買においても、その役割は非常に大切なものとなります。

長期的な売買を行う際に、為替相場が上昇トレンドのとき、今後しっかりと上昇していくだろうというタイミングで買いポジションを持つことができれば、安心してスワップ金利を長期間受け取ることができるからです。

テクニカル分析を使うと、「もう少し上がるだろう、もう少し下がるだろう」などという、自分の思い込みによる売買を極力排除することができますので、テクニカル分析はFX取引においては非常に重要であるといえます。


ファンダメンタルズ分析とは?
GDPと原油高
トレンド系とオシレーター系とは?
スローストキャスティクスとは?
移動平均線とは?

政策金利と雇用統計
テクニカル分析とは?
ストキャスティクスとは?
MACDとは?
移動平均線の短期と長期


インターネット取引
レバレッジの設定

投資する通貨
米国の貿易赤字
住宅ローン マンション お尋ね 財形住宅貯蓄
不動産取得税 地震保険 フラット35 フラット35
自己資金のみ 不動産広告 売却損  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved