×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



MACDとは?

MACDとは?

MACDというのは、2本の移動平均線に改良を加え、特殊加工を施して完成させた分析手法ともいえ、トレンド転換を非常にすばやく捉えることができる指標であることから、根強い人気を誇っています。

MACDの売買ポイントは?

MACDでは、先行する線と遅行する線が重なり合ったポイントが、最も重要な売買シグナルであるポイントを示します。

■先行線が遅行線(シグナル)を上抜くゴールデンクロス ⇒ 買いシグナル
■先行線が遅行線(シグナル)を下抜くデッドクロス ⇒ 売りシグナル

さらに、ゼロの線のレベルを上抜け(下抜け)れば、より強気の乖離を意味することになります。

スローストキャスティクスとMACDの関係は?

スローストキャスティクスもMACDも、ともにローソク足の動きとリンクしています。

そして、トレンドが変わるときは、まず先行するスローストキャスティクスが動くと、少ししてからMACDも動くのですが、このタイミングのズレが、今後の為替相場のタイミングを掴みやすくします。

つまり、この2つのチャートの動きを見ていれば、スローストキャスティクスが動いたときに、もう少したてばMACDが動くのかなという心の準備ができますので、焦ってタイミングを間違えることもなくなります。


ファンダメンタルズ分析とは?
GDPと原油高
トレンド系とオシレーター系とは?
スローストキャスティクスとは?
移動平均線とは?

政策金利と雇用統計
テクニカル分析とは?
ストキャスティクスとは?
MACDとは?
移動平均線の短期と長期


2Wayプライス
スワップポイントを支払う場合

順張り・逆張り
原油相場と為替相場
借換え 借入金 バリアフリー 財形住宅融資
建て替えローン 耐震 団信 優良住宅取得支援
社内融資 農地 アスベスト  

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved