×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



FXの契約書を理解するとは?

FXの契約書を理解しなければならないのは?

FXは、証券取引法による規制や監督官庁(金融庁)の指導のもとで取引される株式とは違い、あくまでも当事者同士の契約によって取引される金融商品です。

なので、当然、顧客である投資家は、その契約内容を十分に理解しておく必要があるのです。

なお、取引業者ごとに約款の内容というのは異なりますが、実際に取引をする前に、契約する事業者の約款の内容については、しっかりチェックしておきたいところです。

FXの約款の内容は?

FXの約款は権利義務、債権債務などの法的諸問題に対応するように記述されています。

こうした法律用語が頻繁に出てくる文章というのは、どうしても読みにくいので、ざっと斜め読みしたり、あるいはまったく読まずに、文書に署名したり捺印してしまう投資家も少なくないと思われます。

しかし、現実には、外国為替の自由化後、為替取引をめぐるトラブルは後を絶ちません。

もちろん良心的な取引を行うFX会社も存在していますが、投資家としては、どの事業者が安心で、どの事業者が危なそうなのかという目を養っておくことは大切です。

約款や規定には、取引を行う際に問題となりそうな箇所が必ず含まれているものです。

つまり、万一トラブルが生じても、それに法的に対処するためのショック・アブソーバーが内包されているのです。


FXの契約書を理解するとは?
FXの損益の計算は?
追加証拠金を入れると?
ボラティリティとは?
通貨の受け渡しとは?

契約書や約款の重要性
現物取引とレバレッジ取引との違いは?
ストップロス制度とは?
標準偏差とボラティリティ
通貨の受け渡しの手数料は?

スワップ狙いの適切なレバレッジ
投資スタンスによるチャートの時間軸

含み損益
成行・指値・逆指値注文

物権的請求権
不動産投資インデックス
文化財保護法

金融機関が行う金融
不動産の表示
変動金利型住宅ローン
物件登録
不動産流通近代化センター
一団の土地
不動産仲介業
不陸

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved