×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



ボラティリティとは?

ボラティリティとは?

ボラティリティというのは、価格の変動率のことですが、相場を考える際にはこのボラティリティが非常に重要になります。

というのも、投資家が相場を通じて利益を得られるのは、その金融商品にある程度ボラティリティがあり、その時々に相場にトレンドが発生するからです。

ちなみに、ボラティリティもほとんどなく、しかも相場にトレンドが発生しない金融商品ですと、利益を出すのはかなり困難となります。

こうした点から考えても、為替というのは、一度トレンドが発生すると、しばらくはその動きが継続しますので、この動きをつかめると、おおむね利益と損失がどの程度になるのかがわかるようになります。

といっても、投資家が判断することができるのは、あくまでも相場の過去の動きなので、将来も同様に動くという保証はないのですが、過去にどの程度の変動があったのかがわかると、それに伴って損益がどの程度になるのかということを把握することができます。

その結果を見れば、建て玉枚数が1枚(1万通貨単位)の場合、あるいは10枚(10万通貨単位)の場合に、それぞれどの程度の損益が発生するのかという目安が立てやすくなります。


FXの契約書を理解するとは?
FXの損益の計算は?
追加証拠金を入れると?
ボラティリティとは?
通貨の受け渡しとは?

契約書や約款の重要性
現物取引とレバレッジ取引との違いは?
ストップロス制度とは?
標準偏差とボラティリティ
通貨の受け渡しの手数料は?

債券
FXで稼ぎやすい時間帯

クイック入金
OCO取引

不動産鑑定士(補)
不動産取引紛争事例等調査研究委員会
変更登記

不動産所得
不法行為と債務不履行
報酬の額の掲示
不動産コンサルティング
不燃材料
定期借地権
不動産の鑑定評価
弁済業務保証金の還付

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved