×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



FXの損益の計算は?

FXの損益の計算は?

外国為替取引というのは、2種類の通貨を交換するものですが、価格が変動することによって損益が生じるという点においては株式の売買と同じです。

始めに建て玉したあと、相場が変動することによって、利益になったり損失になったりするのです。

例えば、ドル/円が1ドル=100円のときに、ドル高・円安を想定してドル買い・円売りのポジションを10万ドル持つとします。

このとき、思惑通りに相場がドル高・円安方向へ進んで1ドル=110円になれば、100万円(10円×10万ドル)の利益になります。

しかしながら、思惑とは逆に、相場が円高方向に進み1ドル=90円になれば、100万円の損失が生じます。

100万円の資金で100万円の損失が生じれば、資金はゼロになりますが、問題はそれだけではありません。

というのは、FXは、証拠金を担保として行う取引なので、一定以上の損失が生じると、そのポジションを維持するために追加の証拠金(追証)を差し入れる必要が出てくるからです。

つまり、当初は100万円の資金で売買していたとしても、さらに追加証拠金を入れないと、ポジションを自動的に閉じられてしまうのです。


FXの契約書を理解するとは?
FXの損益の計算は?
追加証拠金を入れると?
ボラティリティとは?
通貨の受け渡しとは?

契約書や約款の重要性
現物取引とレバレッジ取引との違いは?
ストップロス制度とは?
標準偏差とボラティリティ
通貨の受け渡しの手数料は?

スワップポイント狙いの投資
ユーロ/円の特徴

逆指値注文(ストップ注文)
指値注文のメリット

物納
不動産投資インデックス
文化財保護法

不動産金融
不動産流通標準情報システム
妨害排除請求権
物上保証人
不動産流通近代化センター
一種いくら
不動産投資顧問業
分筆・合筆

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved