×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



追加証拠金を入れると?

追加証拠金を入れると?

多くのFX会社では、インターネット取引で証拠金の50%を超える評価損が発生するとアラームが表示されます。

しかしながら、アラームが表示された時点でも、まだ反対売買を行ってポジションを閉じないで損失がさらに拡大した場合には、ほとんどのFX会社ではストップロスを採用していますので、証拠金額の一定割合を超える評価損が発生した時点で、その直後には自動的にポジションが閉じられることになります。

もちろん、追加証拠金(追証)を入れればポジションを持ち続けることはできるのですが、為替は24時間取引ですから、夜間銀行が業務を行っていないと資金の送金すらできないことがあります。

また、為替は動くときの速度というのは非常に速いので、損失幅が拡大するのはあっという間です。

ストップロスにかかる損失ラインを超えてから対照しようなどと考えていても、実際には何もできないことの方が多いのです。

例えば、資金量目一杯の取引の場合ですと、わずか5〜10円程度の相場変動でもポジションを維持できなくなってしまいますので、株式の現物取引などとは全く違った考え方が必要になるのです。


FXの契約書を理解するとは?
FXの損益の計算は?
追加証拠金を入れると?
ボラティリティとは?
通貨の受け渡しとは?

契約書や約款の重要性
現物取引とレバレッジ取引との違いは?
ストップロス制度とは?
標準偏差とボラティリティ
通貨の受け渡しの手数料は?

スワップ狙いの戦略の根拠
短期売買向けの通貨ペア

強制ロスカット
「指値+指値」のIFD

不動産学界
投信法
重要文化財の指定

不動産取得税
不当利得
包括遺贈
不動産公正取引協議会
履行遅延の禁止
一般事務受託会社
不動産特定共同事業法
壁面線

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved