×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



ストップロス制度とは?

ストップロス制度とは?

ストップロス制度というのは、証拠金額の一定割合を超える評価損が発生した時点で、その直後に自動的にポジションが閉じられるものです。

これは、本来は、投資家の資産を守られるために、または損失を一定以上に拡大させないためにあるものです。

もし、ストップロス制度がなかったとして、何かの特殊要因で為替レートが何十円も動いたとしたら、取り返しのつかないほどの損失が発生する可能性もあります。

見方によっては、投資家にとって余計なものに思えるかもしれませんが、このストップロス制度がなければ、損失が限りなく拡大し、全財産を失うことにもなりかねません。

よって、ストップロス制度は、損失を限定させてくれるありがたい制度なのです。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットというのは、評価損が発生し、証拠金維持率が一定レベルを下回った場合に、FX取引業者が強制的に保有しているポジションを決済することをいます。

手仕舞いとは?

手仕舞いというのは、信用取引で売り、買いを反対売買で決済することをいいます。


FXの契約書を理解するとは?
FXの損益の計算は?
追加証拠金を入れると?
ボラティリティとは?
通貨の受け渡しとは?

契約書や約款の重要性
現物取引とレバレッジ取引との違いは?
ストップロス制度とは?
標準偏差とボラティリティ
通貨の受け渡しの手数料は?

金利上昇と金利下降の要因
「売り」取引ができる

為替レート通知サービス
「指値+逆指値」のIFD

不動産学界
不動産取引紛争事例等調査研究委員会
分野調整

不動産取得税
不法行為
報酬の額の制限
不動産公正取引協議会
不燃材料
一般媒介契約
不動産の鑑定評価
弁済業務

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved