×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の歩き方



通貨の受け渡しの手数料は?

通貨の受け渡しの手数料は?

また、いまだに多くの銀行では、1ドル取引するごとに1円程度の手数料がかかりますが、FXでは銀行の10分の1程度の手数料で外貨を売買できますので、手数料は格安です。

もちろん、現受けした通貨を実際の貿易の決済などに使うためには、取引事業者の口座から銀行口座を経由する必要がありますので、その際に銀行側でも手数料を取られることになります。

しかしながら、その手数料を含んでもなお、銀行の為替手数料よりも割安な場合が多いです。

よって、FXは、投資だけでなく、実需の為替取引にとっても有利といえます。

具体的な通貨の受け渡しとは?

FXで通貨の受け渡しを行うのは、株式の信用取引で品受けや品渡しをするのと類似しています。

FXでは、受け渡しの手続き(申請)をして、受け渡しに伴う資金が預託されていれば、それで受け渡しが行われます。

ちなみに、受け渡しは、締め切り日時が取引形態によって異なっています。

スポット取引では、各営業日の午後3時まで、フォワード取引では最終取引日の2営業日前の正午まで、などと決められています。


FXの契約書を理解するとは?
FXの損益の計算は?
追加証拠金を入れると?
ボラティリティとは?
通貨の受け渡しとは?

契約書や約款の重要性
現物取引とレバレッジ取引との違いは?
ストップロス制度とは?
標準偏差とボラティリティ
通貨の受け渡しの手数料は?

100倍のレバレッジ
FXに国際金融の知識は必須

損切りの重要性
自動売買と損切り

不動産業総合調査
住居表示の法律
保安林

不動産適正取引推進機構
ブロードバンド
ポートフォリオ
不動産証券化協会
プロパティ・トラスト
青色申告制度
不動産販売と景品
防水層

Copyright (C) 2011 外貨投資の歩き方 All Rights Reserved